知っておきたいiPhone修理の注意点

修理業者には正規と非正規が存在する

iPhoneが壊れて修理に出す場合、どういった注意点が挙げられるでしょうか。まず、修理を請け負う店には正規のところと非正規のところがあることを知っておきましょう。正規とはiPhoneを製造販売しているメーカーのことで、非正規とはそれ以外の業者のことです。メーカー以外、iPhoneを修理してはいけないという決まりはないので、たとえば、テレビやエアコンを販売している街の電気屋の店主が、個人的にiPhoneの修理を請け負っても問題はありません。
ただ、非正規のところで修理する場合、使われる部品は純正品ではない可能性が高いです。純正品とそうでない部品を比べた場合、そうでない部品の方が精度が落ちることが一般的なので、修理後の製品寿命に差が出る可能性があります。

アクティベーションロックを解除して修理業者に送る

また、非正規の修理店がiPhoneの修理を行った場合、その時点でメーカーの保証を受けることはできません。なので、引き続き、メーカーの保証を生かしたいというのであれば、必ずメーカーに修理を依頼しましょう。ただ、非正規の修理店の場合、修理費用が安く、修理期間も短いことが多いので、そういった点を重視するのであれば非正規の方に依頼するというのも一つの方法です。
ほかの注意点として、ロックをかけたまま修理に出さないということが挙げられます。iPhoneには「iPhoneを探す」という機能をオンにすることで、第三者に勝手に操作をさせないという機能があります。これをオンにしたまま修理に送ってしまうと、修理業者が修理後に動作チェックをしようとしてもなにもできなくなってしまいます。なので、オフにして送るようにしましょう。

iphone6Sのガラス交換は専用の修理業者に依頼することによって即日で修理可能となっていますので安心です。