iPhoneを修理に出したらどれぐらいで戻ってくるの?値段は?

即日の修理も可能想像よりも早い修理時間

正規サービスセンターに持っていけば、即日直して貰えることもあります。
現実的には混んでいることがほとんどで、予約なしで持ち込みをしても見て貰えないので、予約が必要になります。
予約は正規サービスセンターのウェブサイトやアプリ、電話からすることができます。
予約時間は10分刻みなのですが、修理という特性上、不測の事態が多いので、時間に余裕をもって店舗に行く方が無難です。
また、予約の際には症状を出来る限り細かく伝えると、当日の会談がスムーズに行き、修理時間を減らすことができます。
多少入力が面倒でも、しっかり症状を伝える方が、拘束時間が減りやすいということです。
ちなみにディスプレイの修理なら12800~14800円程度です。
バッテリー交換は8000円程度。
思いの外リーズナブルですね。
本体をまるごと交換になってしまうと、3万円を超えることがほとんどなので注意が必要です。

正規のサービスセンターが最寄りにない場合は?

正規サービスセンターに持っていかなくても、配送修理という方法があります。
こちらも正規サービスセンターのウェブやアプリ、電話から修理依頼をしていく形です。
配送料はサービスセンター持ちなので、修理料金は持ち込みと変わりません。
ただ、こちらは配送の関係で持ち込みよりも、時間がかかるのが難点です。
最速でも配送修理依頼の翌日に配送業者が手配されます。
1日目に予約、2日目に配送業者に受け渡し、3日目に修理が完了としても、受け取りは最短四日目になります。
逆に言えば一週間程度あれば、大抵直って帰ってきます。
ただ、修理の予約自体が近い日に取れないこともあります。
こちらも10分刻みなので、根気よくサイトを見続けていれば、予約キャンセルで空きが出る場合もあります。
緊急を要するなら粘ってみるのも手です。

バッテリーは必ず劣化します。iPhoneのバッテリー交換はユーザーの負担と思うかもしれませんが、実は、一定の条件を満たすとバッテリー交換は無料で行うことができます。